問題解決をして納得できる不動産売却へと導く プロカウンセラー

無料で分かる!不動産の相場を調べる方法

不動産を売却するときに、自分の家がいくらぐらいするのか

把握することが大切です。

まずは、不動産会社に査定をしてもらう訳ですが、

どこの不動産会社にお願いすればいいか分からない方もいると思います。

ここでは、無料であなたの家の査定が出来る方法を

3サイトご紹介いたします

 

お手軽に複数の不動産会社に無料で査定が出来る方法や、

まだ不動産会社に営業を受けたくない!ただ、価格だけが知りたい!

といったお客様のために、

不動産会社に査定をしなくても査定価格が分かる

サイトもご紹介致します

 

無料で自宅の査定額を知る方法

 

 

1、不動産売却一括査定を利用する

 

まず、第一に私が進めるのは、『不動産売却一括査定』です。

こちらは複数の不動産会社か、「査定金額」と「販売プラン」を一括で比較できるので、

あなたが不動産会社を選んで、より納得出来る売却へ導くことが出来ます。

不動産売却一括査定はこんな人が利用してます。

  1. とにかく高く、早く、かしこく、売却を検討している方
  2. 納得出来る売却をしたい方
  3. 適正な売却金額を知りたい方
  4. 他社で売れなくて困っている方
  5. 販売を依頼している不動産が信用出来なくなっている方
  6. とにかく今すぐ現金にしたい方
  7. 将来的に売却を検討していて、詳細の金額を把握しておきたい方
  8. 不動産を相続して急に相続税対策をしなければいけなくなった方。

 

不動産売却一括査定ってどんなサイトなんですか?

 

これまで、複数の不動産会社に自分の家の査定をしてもらう場合、

1社ずつ、チラシやタウンページを見ながら電話かけてお問い合わせをすることが

ほとんどでした。1社ずつに同じ説明と申込をするので非常に面倒で、

結局は1社だけ査定見積もりをしただけで、その不動産会社に媒介契約を

することになる事も多くありました。

そんな時に活躍したのが、今回ご紹介する『不動産一括査定』です。

あなたが売却を考えている物件の住所をWEBのフォーム上で一度入力だけです。

そして、最後に査定をしてもらいたい不動産会社を何社かチェックをつけて『送信』ボタンを押せば

自動的にまとめて各不動産会社に査定依頼できるシステムになっています。

査定を依頼をお願いすると、各不動産会社から査定結果について

電話かメールにて連絡が入ります。

いきなり電話をかけられる事に抵抗がある方もご安心して下さい。

最初の申込のフォームの『ご要望』の所に『メールでの連絡希望』と記載しておけば、

最初はメールでのやり取りになります。

各不動産会社の査定価格や販売プラン、営業担当者の対応を

比較して、ご自身で納得できる不動産会社を決めることができます。

もし、実際に売却をするとなれば、訪問して査定をしてもらうことになりますが、

簡易査定をして査定価格をすぐに知ることもできます。

 

一括査定はいろんな使い方があります

 

不動産売却一括査定はご利用したからといって、とにかく今すぐ不動産会社と

媒介契約を結びなさいという訳ではありません。

例えば、将来的なご自宅の住替えの下準備として金額を把握する人もいれば、

相続の際の相続対策や遺産協議の参考に利用している人もいます。

売却以外の方法、例えば賃貸で貸したほうがいいのか、他にも資産活用に

ついても相談にのってもらえます。

1~3年以内の売却を前提にしており、まずは査定価格を知りたい場合は、

今のうちに相談も兼ねて一度、不動産売却一括査定をご利用してみてはいかがでしょうか。

もちろんご相談も無料です。

私、不動産売却カウンセラー

大久保 篤史 にご相談いただいても大丈夫ですよ。

~お問い合わせフォーム~

 

 

おすすめの不動産売却査定『イエイ』

 

 

クリップボード01

↓イエイ不動産売却査定↓

https://sell.yeay.jp/

 

数ある不動産売却一括査定の中でも私がオススメしているのが、

イエイ不動産売却査定です。

何故、私がイエイを進めるのかをお伝えします。

 

イエイのここがおすすめ!

  1. 運営実績が9年!一括査定サイトを作った生みの親
  2. 全国1,000社以上の不動産会社がイエイに加盟!大手不動産会社は全て参画しています
  3. ご利用実績NO1! 150万人以上の方がご利用しています
  4. 利用者満足度NO1!97%の方がイエイを利用してよかったと回答しています
  5. 不動産売却一括査定の市場は90%はイエイが独占していると言われています

まず、不動産を売却するときに、皆様が1番気にするところって何か分かりますか?!

『高く売りたい!』 

『早く売りたい!』

表面的な所だとこんな所だと思います。

しかし、本当のお客様の心理にあるのは、

『騙されたくない!!』

という思いなのです。

これは、不動産会社を選ぶ時に1番気にすることですが、インターネットのサイトをご利用する時も同じです。

インターネットのサイトをご利用するときも、このサイトって申し込んでも大丈夫かな?

って不安になるような妖しいサイトを見かける事もあると思います。

しかし、安心して下さい。

このイエイ不動産売却査定は、9年の運営実績があります。

そして、この不動産売却一括査定』をこの世に誕生させた

サイトでもあります。

最近はただ見た目を真似た査定サイトを多く見かけますが、

参画業者数、ご利用者数、ご満足度どれをとっても1番

でいるのが、イエイと言ってもいいかと思います。

実際私の友人も、イエイを使ってマンションを売却しました。

ラ◯オンズマンションを建築、運営している大手不動産に依頼して、

購入した価格より、500万円高く売却することが出来たと言うことで喜んでおりました。

1番の老舗であり、パイオニアでもあるイエイ不動産売却査定をここではおすすめします。

 

↓イエイ不動産売却査定↓

https://sell.yeay.jp/

 

デイリースポーツにも掲載されました。(2013年4月1日掲載)

ネット査定を使った売却査定をする人が増えているという記事

 

イエイの使い方

 

まずは、インターネットで『イエイ』で検索して頂きます。

売却を検討している不動産会社の住所を入力していきます。

最初から電話での連絡は避けたい方は『ご要望』に

「メールでの返信をお願い致します。」と記載しておけば大丈夫です。

最後、不動産会社を選んで完了です!

簡単ですよね?

イエイの使い方は動画でも説明しています。

一度ご覧になって下さい。

(※声が出ますので、音量に気をつけてくださいね。)

 

 

 

↓イエイ不動産売却査定↓

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

2、不動産時価ネットを利用する

続いてご紹介するのは、

不動産に営業を受けずに大体の査定金額を知ることが出来る、

不動産時価ネットです。

 

不動産時価ネット

 

このサイトの1番の利点は、不動産会社に営業を受けずに

大体の金額、相場を調べることが出来ます。

 

査定金額については、スーモ、ホームズ、アットホームなどの

成約事例を集計して相場を抽出しております。

 

↓不動産時価ネット↓

http://www.rejn.jp/

こんな方が不動産時価ネットを利用しています

  1. まずは大体の相場を知りたい方
  2. 相続前にある程度の金額を知っておきたい方。
  3. 近隣の施設等を把握したい方
  4. 不動産会社に営業は受けたくない方
  5. 近隣の成約事例を知りたい方

 

ある程度の相場を不動産会社に確認することなく知ることが出来るので、

どちらかと言えば、まだまだ売却は先の場合には便利かと思います。

用途としては、まだ、相続をしたわけではないけれど、

これから、相続する可能性がある方や、

状況的にいつ相続するか分からない方も良いかと思います。

一つ注意点は、この査定金額はあくまで、自動で抽出した価格なので、

実際の査定金額とはずれる可能性があります。

 

また、このサイトを運営している会社は、売却したい住所を入力するだけで、

一瞬で、査定金額だけでなく

近隣の成約事例や、幼稚園、保育園、学校、病院等、近隣の施設情報も

レポートとしてPDFで抽出することが出来る、

『不動産ビジネスセンター 』というサイトもあります。

(最大で47ページの査定額とレポートが一瞬で抽出されます)

このサイトは不動産会社も実際に使っているサイトになります。

もしご興味があれば、無料にてお客様の住所の査定レポートをプレゼント致します。

私、売屋心清までお問い合わせ下さい。

 

不動産売却カウンセラー 大久保 篤史

~お問い合わせフォーム~

 

レポート事例↓

 

物件レポート全体写真.jpg

 

 

このサイト実は、査定価格だけではありません。

一瞬で、様々な周辺情報を取得することができます。

↓取得できる項目↓

周辺施設、医療施設、交通、ショッピング施設、教育施設、福祉施設、都市公園、発電施設、観光資源、地域資源、自然保全地域、鳥獣保護区、廃棄物処理施設、特殊土壌、年齢別人口統計、人口集中地区、過疎地域、年平均気温、年合計日照時間、全天日射量、年降水量、年最深積雪、活断層、浸水想定区域、竜巻等の突風、豪雪地帯、危険箇所データ、マーケット情報、賃貸想定単価、調査対象範囲の平均賃料単価、マンション間取り別平均賃料単価、周辺エリアの賃貸相場ヒートマップ、利回り相場(マンション)、間取り別利回り相場、周辺エリアの平均利回りヒートマップ、国土交通省地価公示、調査対象範囲の地価公示、用途地域、施設情報、官公庁、警察署・交番、郵便局、銀行、病院、バス停、駅、ショッピング施設、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、その他学校、スーパー、コンビニエンスストア、食料品、ドラッグストア、子供用品店、100円ショップ、家電量販店・ホームセンター、デパート、総合病院/診療所、小児科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、皮膚科、整形外科、産婦人科、動物病院、介護サービス・施設、学区の指定学校、幼稚園・保育所、小学校、中学校、高校、大学・専門学校、福祉施設、都市公園、発電施設、観光資源、地域資源、自然保全地域、鳥獣保護区、廃棄物処理施設、特殊土壌、年齢別人口統計、人口集中地区、過疎地域、年平均気温、調査対象範囲近辺の年平均気温、年合計日照時間、全天日射量、年降水量、年最深積雪、ハザード関連情報、活断層、浸水想定区域、竜巻等の突風、豪雪地帯、危険箇所データ

 

正直、色んなものを抽出できるので、よく分からなくなっています。。

要は色んな情報を知ることができるってことです!

興味があったらお問い合わせ下さいね。

 

不動産売却カウンセラー 大久保 篤史

~お問い合わせフォーム~

 

3、土地総合情報システムを利用する

続いてご紹介するのは国土交通省が運営する土地総合情報システムです。

 

土地価格綜合情報サービス

こちらも、1番の利点としては、不動産会社に査定をお願いしなくても相場が分かる場合があります。

『場合がある』という言い方をしたのは、まだ情報がそこまで多くないので、

本来の査定金額を知りたいという目的に

は参考にならない場合もあるためです。

 

土地総合情報システムはこんな人が利用してます。

  1. 地価公示を知りたい方
  2. とにかくざっくりした金額だけでも知っておきたい方
  3. 不動産会社に営業は受けたくない方
  4. 実際の不動産取引価格を知りたい方
  5. 各専門の業者の方

 

1~3年以内に売却予定はなく、とりあえず不動産会社にも

営業を受けたくは無い方は、このサイトをご利用して

相場だけでも把握するのが良いでしょう。

全国の不動産会社もたまに参考にしています。

 

 

以上、3サイトをご紹介させて頂きましたが、

査定金額の正確さ、手軽さ、で考えるとやはり、

一括査定サイトを使うのが1番良いかと思います。

なぜかというと、今までに売主様が知らなかった提案も

受ける場合があるからです。

こんな方法があれば、早く売却したほうがいいかも、、、とか、

そういう状況であれば、来年の春に売却したほうが、高く売れるかも、、等

不動産の専門の方に一度聞いた方が新たな提案が生まれる可能性があります。

まだ不動産会社に営業は受けたくない!!

って思う方もいると思いますが、

今は、過度の営業は受けたく無いってことを

直接伝えちゃっていいのです。

一生のうち一番高い買い物だったものを手放すわけですがから、

じっくりと検討したほうがいいです。

一括査定サイトを使う利点はもう一つあります。

不動産会社側の心理としては、お客様が他社にも査定見積もりをしているという

前提で話をしているので、強引な営業はかけづらい点です。

昔は、不動産会社に来店してきたお客様がいたら、

どう料理しようかと考えている不動産の営業もいました。

現在は査定サイトを使い複数の不動産方が主流になって来ています。

まだ、私にご相談いただければ、査定金額だけは教えるますので、

お問い合わせ下さい。

 

↓次のページ↓

貴方が使える不動産売却の税金控除は?

 

不動産売却カウンセラー

大久保 篤史

~お問い合わせフォーム~