はじめて不動産売却をする人の支援サイト

不動産査定を無料で効果的に利用するために知っておきたい5つの注意点

↓査定価格をすぐに知りたい方はこちら↓      

人生の中で不動産を売却する機会って少ないですよね。

更に高額な取引ですから、失敗は絶対に避けたいものです。

不動産を売却する場合、不動産会社に仲介や買取を依頼するケースも多いですが、まずは査定をしてもらって、おおよその価格を知っておくことが大切です。

不動産の査定には、不動産鑑定士に依頼(有料)するものと、不動産会社に依頼(無料)するもの不動産会社に査定しなくても査定額がわかる方法があります。

ここでは、無料で査定を依頼する際の注意点をご紹介します。

 

1. 査定は3〜6社の不動産会社に依頼するのがおすすめ

不動産の査定

不動産会社に査定を依頼する場合、1社ずつ問い合わせをするか、一括査定サイトでまとめて複数社に依頼する方法が一般的です。

1社のみでは客観性に欠けますし、相場もよくわからないまま契約するのは危険です。

しかし、あまりに多くの業者に依頼しても対応が大変ですから、3〜6社くらいに依頼するのがおすすめです。

その中から信頼できる不動産会社を見つけましょう。

よく使われる無料査定サイト

※イエイ不動産売却査定

リビンマッチ

homeho4u

マンションナビ

住まいバリュー

 

そうは言っても、どの不動産会社に依頼していいのか迷う人も多いでしょう。

そこで気をつけたいのが、査定したい不動産の場所と種別です。

査定したい不動産が首都圏・関西圏など主要都市部にある場合は、大手の不動産会社にまずは依頼することをおすすめします。

なぜなら、都市部における不動産の売買仲介件数は大手3社が圧倒的に多いからです。

取引件数が多い分、似たような物件データを探しやすく、現実的な査定価格を出してもらえる可能性が高くなります。

そのあとは、地元の不動産会社にも査定の依頼をしてみてもいいでしょう。

もし、実際に販売を依頼するのであれば、最終的には営業マンの人間性で判断することが一番だと思います。

正確な査定金額は大手不動産会社が出しても、営業マンがいい加減な営業マンであれば、依頼したいとは思わないと思います。

不動産の売却については、信頼と信用が重要になります。

地方郊外や田舎にある不動産の場合は、複数の一括査定サイトか、地元の不動産会社に査定依頼するのがいいでしょう。

一括査定サイトも査定してもらいたい不動産のエリアに強い不動産会社があまり登録されていないケースもあります。

複数の一括査定サイトに依頼すれば、地方にある不動産でも安心です。

また、不動産会社には種別(マンション・農地・工場など)によって得手不得手があります。

特に農地や工場などの売却はそうした種別の取引経験が豊富な不動産会社に依頼したほうがいいでしょう。

 

2. 査定では仲介価格(簡易・訪問)と買取価格の両方を出してもらう

不動産の査定にはいくつか種類があります。

もし、この3ヵ月以内に不動産売却する予定がない場合や、単に不動産の価値が知りたいだけでしたら、一括査定サイトで簡易査定を申し込むのが簡単でおすすめです。

しかし、売却を本格的に検討している場合は、実際に不動産を見てもらい、より現実的な価格が提示される訪問査定をしてもらうほうがいいでしょう。

相場の状況や売却戦略などの知識も得られます。

買取も扱っている不動産会社の場合は、買取価格も提示してもらいましょう。

不動産会社にとって無料査定は営業活動

不動産会社は媒介契約を結ぶか、買取した不動産を売却しないと利益が生まれません。

一括査定サイトの場合、登録サイトから紹介してもらうたびに料金を支払っているケースや、売却する側も相見積もりしているケースがほとんどです。

そのため、契約を取るため各社競争して価格を提示します。

実際の査定額よりも上乗せして少し高めの査定額を提示してくる不動産会社も多いです。

専門用語でいうと「高どり」と言われる言葉です。

営業が他社に勝つため、相手に有利な価格を提示してくるのと同じです。

なかには売れるはずのない高い査定額を提示してくる会社もあるので注意が必要です。

あくまで査定額は売却できる目安(予想)額なのだと認識しておきましょう。

ただし、次のようなケースは競争以外の理由でも差額が生じる可能性が高いです。

  • 築年数20年以上のマンションで大規模内装リフォーム済み
  • 小規模マンションで過去の売買事例が少ない
  • 築年数が10〜20年の戸建て

「買取価格」も査定してもらうことがおすすめ

無料査定で提示された価格と実際に売却できる価格に差が出やすいことは既にご紹介しましたが、そうした場合は買取価格も査定してもらうことをおすすめします。

通常の査定は仲介価格で、この価格なら誰かは買うだろうと予想される価格です。

それに対して買取価格は、この価格ならその不動産会社が欲しい(買い取ってくれる)価格になります。

つまり、買取価格は、その値段で自社が買い取らなくてはならない可能性があるため、必要以上に高く査定できないのです。

仲介査定額がいくら高くても、実際に売れないまま時間が過ぎ、価格を下げることになるのなら、最初から確実に買い取ってもらえる価格を知っておくことは重要です。

ちなみに、買取業者が買取を直接した場合は、仲介手数料の3%はかかりませんので、多少金額が安くても、直接買取してもらった方がいい場合もあります。

 

3. 査定してもらえない可能性があるケースも

拒否

不動産会社にとって無料査定はあくまで顧客を見つける営業活動ですから、査定しても契約につながる可能性が極めて低い物件は査定してもらえないかもしれません。

誰も買い取りそうもない不人気物件

過疎地域にある周囲が空き家だらけのエリアにある物件や、建て替え計画や取り壊し計画があるマンションなどは、新たな買い手が生まれる可能性は低いです。

そのため、あまり真剣に査定してもらえないかもしれません。

その場合は、活用という選択も入れておいてもいいかもしれません。

土地活用の窓口

 

匿名で査定したい場合

不動産会社にとっては売却見込み客を探しているので、匿名では査定してもらえないケースがあります。

匿名でも査定してもらえるケースもありますが、その場合の査定価格の精度は低くなります。

売る気はないけれど、なんとなく家の価値を知りたい場合は、こちらでも問題ないでしょう。

売る気がないと思われた場合

「売る気はないけど、査定してほしい」本音はそうであっても、表に出してはいけません。

顧客になる可能性が低いとわかってしまったら、不動産会社もしっかり査定してくれません。

査定を依頼する以上、将来的には売買を依頼するかも、という前提で依頼することをおすすめします。

もし単純に査定金額を知りたいのであれば、下記のサイトを利用することをおすすめいたします。

不動産ジカネット

土地総合情報システム

路線価図

特に査定をしてもらうのではなく、自分で、住所などを入力してざっくりとした相場を知ることができます。

 

4. 一括査定サイトの選び方も重要

ネット上には多数の一括査定サイトがあります。

その中には素人同然の運営のものもあります。高額取引される不動産の売買に関することですから、しっかりしたサイトを選ぶことも重要です。

しっかりしたサイトかどうかの判断基準は以下を参考にしてみてください。

サポート体制がしっかりしている

高額な取引がある不動産なのに電話のサポートすらないサイトは、いざというときに連絡が取れなくなる可能性があるので、避けるべきでしょう。

悪徳業者は徹底的に排除している

登録している業者がしつこい勧誘などの迷惑行為をしたり、法に触れるような行為を行ったりしているなど悪徳業者とわかった場合どのように排除し、優良業者の登録維持のためにどのような対策をとっているのか、具体的な説明がされているサイトを選ぶことがおすすめです。

悪徳業者が登録しつづけているようなサイトは、被害が拡大しても気にしないと運営が考えていると思っていいでしょう。

査定できる物件種別が多い

査定可能な物件の種別が「戸建て・マンション・土地のみ」のサイトは、素人同然でも運営できるので、あまりおすすめできません。

ワンルームマンションなどの収益物件や事業用不動産(倉庫・工場など)は取引額も大きく、取引が活発なので、そうした不動産も扱っている不動産会社が登録されている場合はしっかりしたサイトである可能性が高いです。

査定できる物件種別が多い業者がどのくらい登録されているかは、いい一括査定サイトかどうかの判断基準の1つになるでしょう。

 

5. 媒介契約は慎重に!査定価格を提示してもらう際は必ず査定書をもらう

不動産会社から査定価格を提示してもらう際は、口頭ではなく、必ず査定書をもらいましょう。

口で「◯◯◯万円です」と言われていたとしても、実際の契約の際には違う金額を提示する可能性もあるからです。

言った、言わないといった余計なトラブルを避けるためにも書面にしてもらいましょう。

一括査定を利用して複数社に査定を依頼していても、最初に連絡があった業者の話を聞いてそのまま媒介契約してしまうケースもあります。

しかし、依頼した全ての会社の査定結果と意見を聞き比べてから、よく考えて契約することをおすすめします。

相見積もりを比べればその物件の相場もわかりますし、売買交渉の途中で価格調整をする際にも安心できます。

 

複数の不動産会社に査定を依頼できる一括査定サイトが便利

不動産の売却は高額になるため失敗は避けたいものです。

遠隔地にある不動産などでも簡単に査定できる一括査定サイトの利用は便利なのでおすすめです。

しかし、査定(仲介)価格と実際に売却・買取価格には差があるケースがほとんどですし、中には悪徳業者が混じっているかもしれません。

今回ご紹介した注意点を参考に、信頼できる不動産会社を見つけてくださいね。

    ↑査定価格をすぐに知りたい方はこちら↑