不動産売却を初めてする人の支援サイト

不動産売却のおすすめは?無料で査定価格を知る方法を教えます

 

不動産を売るときに、自分の家がいくらぐらいするのか把握することが大切です。

まずは、仲介会社に査定をしてもらう訳ですが、どこの不動産会社にお願いすればいいか分からない方もいると思います。

ここでは、無料であなたの家の査定価格を知る方法をご紹介いたします。

 

お手軽に複数の不動産会社に無料で査定が出来る方法や、まだ不動産会社に営業を受けたくない!ただ、価格だけが知りたい!といったお客様のために、おすすめの不動産会社に査定をしなくても査定価格が分かるイトもご紹介致します

 

人生で1度か2度あるかないかの不動産売却を失敗ないようにあらかじめご自身でも調べておきましょう。

 

無料で不動産査定額を知る方法

 

1、不動産売却一括査定を利用する

 

まず、第一に私が進めるのは、『不動産売却一括査定』です。

こちらは複数の不動産会社か、「査定金額」と「販売プラン」を一括で比較できるので、あなたが不動産会社を選んで、より納得出来る売却へ導くことが出来ます。

 

不動産売却一括査定はこんな人が利用してます。

  1. とにかく高く、早く、かしこく、売却を検討している
  2. 納得出来る売却をしたい
  3. 適正な売却金額を知りたい
  4. 他社で売れなくて困っている
  5. 販売を依頼している不動産が信用出来なくなっている
  6. とにかく今すぐ現金にしたい
  7. 将来的に売却を検討していて、詳細の金額を把握しておきたい
  8. 不動産を相続して急に相続税対策をしなければいけなくなった

 

不動産売却一括査定ってどんなサイトなんですか?

 

これまで、複数の不動産会社に自分の家の査定をしてもらう場合、1社ずつ、チラシやタウンページを見ながら電話かけてお問い合わせをすることがほとんどでした。1社ずつに同じ説明と申込をするので非常に面倒で、結局は1社だけ査定見積もりをしただけで、その不動産会社に媒介契約をすることになる事も多くありました。

そんな時に活躍したのが、今回ご紹介する『不動産査定サイト』です。

あなたが売却を考えている物件の住所をWEBのフォーム上で一度入力だけです。

そして、最後に査定をしてもらいたい不動産会社を何社かチェックをつけて『送信』ボタンを押せば自動的にまとめて各不動産会社に査定依頼できるシステムになっています。

査定を依頼をお願いすると、各不動産会社から査定結果について電話かメールにて連絡が入ります。

いきなり電話をかけられる事に抵抗がある方もご安心して下さい。

最初の申込のフォームの『ご要望』の所に『メールでの連絡希望』と記載しておけば、最初はメールでのやり取りになります。

各不動産会社の査定価格や販売プラン、営業担当者の対応を比較して、ご自身で納得できる不動産会社を決めることができます。

もし、実際に売却をするとなれば、訪問して査定をしてもらうことになりますが、簡易査定をして査定価格をすぐに知ることもできます。

 

一括査定はいろんな使い方があります

不動産売却一括査定はご利用したからといって、とにかく今すぐ不動産会社と媒介契約を結びなさいという訳ではありません。

例えば、将来的なご自宅の住替えの下準備として金額を把握する人もいれば、相続の際の相続対策や遺産協議の参考に利用している人もいます。

売却以外の方法、例えば賃貸で貸したほうがいいのか、他にも資産活用についても相談にのってもらえます。

1~3年以内の売却を前提にしており、まずは査定価格を知りたい場合は、今のうちに相談も兼ねて一度、不動産売却一括査定をご利用してみてはいかがでしょうか。

もちろんご相談も無料です。

 

おすすめの不動産売却査定

 

※イエイ不動産売却査定

数ある不動産売却一括査定の中でも私がオススメしているのが、イエイ不動産売却査定です。

なぜ、進めるのかをお伝えします。

 

ここがおすすめ!

  1. 運営実績が11年!一括査定サイトを作った生みの親
  2. 全国1,700社以上の不動産会社が加盟!大手不動産会社はほとんど参画しています
  3. ご利用実績NO1! 450万人以上の方がご利用しています
  4. 利用者満足度NO1!97%の方がサイトを利用してよかったと回答しています
  5. 不動産売却一括査定の市場は90%はこのサイトが独占していると言われています

 

まず、不動産を売却するときに、皆様が1番気にするところって何か分かりますか?!

『高く売りたい!』

『早く売りたい!』

表面的な所だとこんな所だと思います。

しかし、本当のお客様の心理にあるのは、『騙されたくない!!』という思いなのです。

これは、不動産会社を選ぶ時に1番気にすることですが、インターネットのサイトをご利用する時も同じです。

インターネットのサイトをご利用するときも、このサイトって申し込んでも大丈夫かな?って不安になるような妖しいサイトを見かける事もあると思います。

しかし、安心して下さい。

この査定サイトは、11年の運営実績があります。

そして、この『不動産売却一括査定』を日本で最初に初めたサイトでもあります。

最近はただ見た目を真似た査定サイトを多く見かけますが、参画業者数、ご利用者数、ご満足度どれをとっても1番でいるのが、このサイトと言ってもいいかと思います。

実際私の友人も、このサイトを使ってマンションを売却しました。

ラ◯オンズマンションを建築、運営している大手不動産に依頼して、購入した価格より、400万円高く売却することが出来たと言うことで喜んでおりました。

その詳細はこちらの記事に記載しています。

はじめての不動産売却|リアルな査定額を教えます!

 

イエイは不動産査定サイトの1番の老舗であり、パイオニアでもある不動産売却査定をここではおすすめします。

他にも、査定サイトはいくつかありますが、どれも見た目が似ているので、一つに絞って一度使えば、十分だと思います。

 

・他の査定サイト

リビンマッチ

home4u

マンションナビ

住まいバリュー

 

査定サイトの使い方

まずは、インターネットで『イエイ』で検索して頂きます。

売却を検討している不動産会社の住所を入力していきます。

最初から電話での連絡は避けたい方は『ご要望』に「メールでの返信をお願い致します。」と記載しておけば大丈夫です。

最後、不動産会社を選んで完了です!

簡単ですよね?

一度の入力で、複数の不動産会社から見積もりができるので、査定サイトの利用者は今後も増えていくのは間違いないかと思います。

 

2、不動産「ジカネット」を利用する

続いてご紹介するのは、仲介会社に営業を受けずに大体の査定金額を知ることが出来る、不動産ジカネットです。

 

 

このサイトの1番の利点は、不動産会社に営業を受けずに大体の金額、相場を調べることが出来ます。

査定金額については、スーモ、ホームズ、アットホームなどの成約事例を集計して相場を抽出しております。

 

↓不動産ジカネット↓

http://www.rejn.jp/

 

こんな方が不動産ジカネットを利用しています

  1. まずは大体の相場を知りたい
  2. 相続前にある程度の金額を知っておきたい
  3. 近隣の施設等を把握したい
  4. 不動産会社に営業は受けたくない
  5. 近隣の成約事例を知りたい

 

ある程度の相場を不動産会社に確認することなく知ることが出来るので、どちらかと言えば、まだまだ売却は先の場合には便利かと思います。

用途としては、まだ、相続をしたわけではないけれど、これから、相続する可能性がある方や、状況的にいつ相続するか分からない方も良いかと思います。

すぐの売却ではないけども、今の段階である程度の相場を知っていたい人にもおすすめです。

一つ注意点は、この査定金額はあくまで、自動で抽出した価格なので、実際の査定金額とはずれる可能性があります。

レポート事例↓

 

物件レポート全体写真.jpg

 

このサイト実は、査定価格だけではありません。

一瞬で、様々な周辺情報を取得することができます。

↓取得できる項目↓

  • 調査対象範囲の平均賃料単価
  • 周辺エリアの賃貸相場ヒートマップ
  • 賃貸想定単価
  • 国土交通省地価公示
  • 危険箇所データ
  • 用途地域
  • マンション間取り別平均賃料単価
  • 調査対象範囲近辺の年平均気温
  • ハザード関連情報
  • 年齢別人口統計
  • 学区の指定学校
  • 施設情報

 

正直、不動産の売却というより、不動産を購入したい人にとっても便利なサイトかもしれません。

周辺エリアの施設情報や学区指定学校など出せるのは良いですね。

不動産査定目的以外でも、色々調べたい人はがあったらお問い合わせ下さい。

 

3、土地総合情報システムを利用する

続いてご紹介するのは国土交通省が運営する土地総合情報システムです。

こちらも、1番の利点としては、不動産会社に査定をお願いしなくても相場が分かる場合があります。

『場合がある』という言い方をしたのは、まだ情報がそこまで多くないので、本来の査定金額を知りたいという目的には参考にならない場合もあるためです。

運営が国土交通省のため、サイトの掲載情報については信用度はあります。

 

土地総合情報システム

 

土地総合情報システムはこんな人が利用してます。

  1. 地価公示を知りたい
  2. とにかくざっくりした金額だけでも知っておきたい
  3. 不動産会社に営業は受けたくない
  4. 実際の不動産取引価格を知りたい
  5. 各専門の業者の方

 

1~3年以内に売却予定はなく、とりあえず不動産会社にも営業を受けたくは無い方は、このサイトをご利用して相場だけでも把握するのが良いでしょう。

全国の不動産会社もたまに参考にしています。

以上、3サイトをご紹介させて頂きましたが、査定金額の正確さ、手軽さ、で考えるとやはり、一括査定サイトを使うのが1番良いかと思います。

なぜかというと、今までに売主様が知らなかった提案も受ける場合があるからです。

こんな方法があれば、「早く売却したほうがいいかも」とか、そういう状況であれば、来年の春に売却したほうが、高く売れるかも等、不動産の専門の方に一度聞いた方が新たな提案が生まれる可能性があります。

まだ不動産会社に営業は受けたくないって思う方もいると思いますが、今は、過度の営業は受けたく無いってことを直接仲介会社に伝えちゃっていいのです。

一生のうち一番高い買い物だったものを手放すわけですがから、じっくりと検討したほうがいいです。

一括査定サイトを使う利点はもう一つあります。

不動産会社側の心理としては、お客様が他社にも査定見積もりをしているという前提で話をしているので、強引な営業はかけづらい点です。

昔は、不動産会社に来店してきたお客様がいたら、どう料理しようかと考えている仲介会社の営業もいました。

現在は査定サイトを使い複数の不動産に査定をするので、不動産会社も下手なことは言えなくなってきています。

まずは価格から知りたいという方は是非査定サイトを使っていただければと思います。

 

不動産査定ってどういう意味ですか?

 

売主様が実際に査定サイトを利用したとします。

その際、各不動産会社から査定額を教えてもらう訳ですが、みなさんはこの「査定額」ってどういう意味かご存知ですか?

不動産査定金額とは、現在の不動産の「価値」という訳ではありません。

不動産会社提示する「査定金額」とは、「3ヶ月以内で売れるであろう金額」です。

ちなみに、なぜ3ヶ月以内かというと不動産会社との専任媒介契約の期間が3ヶ月のため、不動産会社がその期間内に売り切ろうとするからです。

そのため、査定サイトで各社の査定金額を聞くと、査定金額に各社ズレがあるのです。

場合によっては300万円以上の査定額に違いが出る場合もあります。

しかし、売主が一番気をつけなければいけないのは、この査定金額の差についてです。

300万円の査定額を見て、「こんなに高く売れるんだ!」と勘違いをしてしまう売主がたまにいます。

しかし、先ほども言いましたが、あなたの不動産の「価値」が300万円高い訳ではないのです。

あくまで不動産会社が売れるであろう予測の金額です。

なぜ、不動産査定金額に差が出てくるかと言えば、不動産会社によって、販売方法や強みが違うからです。

例えば、不動産会社の中でも、マンションの仲介ばかりをやっている会社もあります。

そういった会社は、マンションの実績が豊富にありますし、マンション購入予定を多くかかえている場合もあります。

そんな会社であれば、早急な売却や、相場より高い金額で売れる場合があります。

また、ある不動産会社では、土地の仲介ばかりをやっている会社もいます。

土地の査定はマンションと違い、境界線や、都市計画法、再建築可能なのか、色々と規則もあり、区分のマンションに比べて査定が難しいです。

そのため、土地を売却したい場合は、土地を専門に仲介をしている不動産会社であれば、土地の査定金額をより正確に出せることになります。

このように不動産会社によって得意な物件も違ってくるので、査定金額も変わってくるのです。

 

不動産査定の注意点

 

不動産会社によって査定金額が変わるのでどの不動産会社を選べばいいかとても難しいかと思います。

ここでは、不動産会社が査定する「査定金額」について注意すべき項目を挙げていきます。

 

こんな不動産査定は注意が必要

  • 査定金額が、他の査定額に比べて500万円以上高い。
  • ペライチの紙一枚に査定金額が書いてあり、根拠部分がほぼない。
  • 簡易査定の上限・下限の査定金額の幅が500万円以上ぐらいある。
  • 査定する前に一度お会いしないと査定が出せないと面談を進めてくる。
  • 査定をするために、最初から水場の保守状況、喫煙の有無、ペットの飼育など、質問ばかりしてくる。

 

まずはじめに売主様が気をつけなければいけないのは、業界用語で「高ドリ」といわれるものに気をつけることです。

高ドリとは、専任媒介契約を取りたいがために、わざと査定金額を高く伝える行為です。

先ほども記載しましたが、売主はこんな高く売れるならと勘違いをしてこの不動産会社に依頼しようと思い媒介契約をしてしまうのです。

媒介契約を結んだ後は、全くお問い合わせもなく、そのうち販売金額を下げていき、最後には本来の査定金額より金額を下げて売ってしまうことになります。

もし、大手不動産がすごい高い金額を出したからといって、大手だから安心だと思わないで、売れるであろう根拠は必ず聞いておいた方がいでしょう。

その根拠を聞いて売主様も納得でき、腑に落ちることができれば、その金額で販売するのもありでしょう。

その時は売れなかった時のリスクもしっかりと理解して依頼しましょう。

専任媒介契約の期間は3ヶ月です。

万が一、売却ができなかった場合は不動産会社を切り替えることを検討しましょう。

不動産会社から、もう3ヶ月間の専任媒介の延長を悲願されても、3ヶ月で売れなかったのに次の3ヶ月で売れる可能性は低いかもしれません。

最初から、「この金額で売れなかったら、違う不動産会社に切り替えます」と宣言した上で、不動産会社と専任媒介を結んでもいいでしょう。

また、どうしても、不動産会社を選ぶのに悩んだ場合は一般媒介契約でもいいかと思います。

なぜかと言えば、不動産会社のやる気やお問い合わせの件数が不動産会社によって違うことが分かるからです。

不動産会社が、もしあなたの物件を販売するとなれば、基本はみなさん同じことをして販売します。

  • 指定流通機構レインズへの掲載(不動産会社がみるスーモのようなサイト)
  • 折り込みチラシ
  • スーモ・ホームズなどのポータルサイトに掲載
  • 自社HPへの掲載
  • 立て看板

 

どの不動産会社も同じようなことをしても、ある不動産会社だけ購入検討者のお問い合わせが多くあるのであれば、その不動産会社は、やる気があると判断できますし、その不動産会社はなにか特別な販売方法をしているのか?など、興味や信頼が湧いてくると思います。

信頼ができる不動産会社と判断した上で、専任媒介を結んでもいいのです。

不動産会社をどうしても決めきれずに、一般媒介でお願いしますといったときに、あからさまに態度が変わるような不動産会社は、あなたの物件を本当に売ろうとしてなく、自社の利益を優先している可能性があります。

そもそもそんな態度が変わるような不動産会社は信頼が出来ません。

慎重に検討をしましょう。

ちなみに不動産会社によっては、専任媒介しかやらないという会社も確かに存在します。

その時は、なぜ専任媒介しかやらないのか、理由と、担当営業マンの人柄を見て決めていただければと思います。

専任媒介契約だから悪いという訳ではないのです。

媒介契約についてですが、インターネットがない時代は、ほとんどが専任媒介契約でしたが、最近はこの記事のように色々とネットで調べることができるようになりました。

一般媒介契約についても容易に調べることもできます。

不動産会社からすると、一般媒介契約だと他で決められると、手数料が入らないのでテンションが上がらないというのも理解はできます。

しかし、一番は売主がちゃんと納得して売却できたかどうかが、本当のサービスだと思いますので、売主がどうしても悩んだ場合は一般媒介で問題はないかと思います。

 

物件にあった不動産会社を探す

 

不動産査定をした後は、販売していただく不動産会社を決めるのですが、各社の特徴はしっかりと理解しておくことが重要です。

  • 仲介実績
  • 買取実績
  • 商圏エリア
  • 得意な物件
  • 会社の歴史
  • 営業マンの人数
  • 過去に仲介されたお客様の声(HPに記載しているか)

このぐらいの項目は調べておき、自分の物件がどの会社に一番適しているかを検討しましょう。

「早く!高く!売れる」のが一番ですが、すんなり売れない場合もあります。

その時は、下記の状況によっても選ぶ不動産会社も変わってきます。

  • 早く売りたい気持ちが強いのか
  • 高く売りたい気持ち強いのか

 

早く売りたい気持ちが強い売主

とにかく早く売りたい気持ちが強いのであれば、販売金額も安くなります。

早く売りたい究極は、業者による買取です。

すぐに現金が入りますが、金額はかなり安くなります。

買取のメリット

  • すぐに現金化ができる。
  • いつ売れるのかの心配がない。

 

買取のデメリット

  • 販売価格が安くなる。
  • 判断を急ぎすぎてあとで後悔する可能性もある

 

早く売りたい気持ちが強い人は、自社買取もやっている不動産会社に依頼する方法もいいでしょう。

仲介で販売しても、もし売れなかった場合、この金額で買取ますといった「買取保証」をしている不動産会社もいますので、そういう会社を選択するのも方法かと思います。

 

高く売りたい気持ちが強い売主

高く売りたい気持ちが強いのであれば、販売期間が長くなる傾向があります。

仲介で売りに出しますが、高く売りたい気持ちが相当強い人は売れるまで根気よく待つ必要があります。

 

仲介のメリット

  • 相場より高く売れる可能性がある
  • 売れるまで不動産会社がフォローしてくれる

 

仲介のデメリット

  • 売れない場合がある
  • 掲載が長すぎると、本来の売却金額より安い金額でないと売れなくなる場合がある

 

仲介と買取はどちらの方が多いかと言えば仲介の方が圧倒的に多いかと思います。

理由は、基本的に不動産査定の相場で販売すれば3ヶ月以内に売却できるからです。

不動産会社の選び方としては、下記の3つを意識しましょう。

  • 自分の物件がどの不動産会社に適しているのか。
  • 自分は早く売りたい気持ちが強いのか。
  • 自分は高く売りたい気持ちが強いのか。

以上の3つを常に意識しながら自分が向いている不動産会社を選択していただければと思います。

 

まとめ

今回、不動産査定を無料で知る方法をまとめてみました。

不動産会社に査定してもらわなくても相場が分かるサイトや、不動産会社に無料で簡易査定してもらう方法など色々あります。

どちらにしても一番大事なのは、自分の不動産は今いくらぐらいかを知ることがスタートになります。

また、不動産売却の予定がなくても、とりあえず現在の価格だけを知っておくことは将来的にも役に立ちます。

今後は、オリンピックや、大阪万博、人口の減少などによって、相場にも動きが出てくると思います。

今の金額を知ることで、10年後に査定をしたとき、どれだけ自分の不動産が上がっているか、今売るべきなのかなどの判断材料になります。

不動産は高い買い物です。

売却する時は、最善のタイミングで、最高に高い金額で売るのがベストです。

まずは不動産の価値がどのくらいあるのか、みんなで不動産査定をしてみましょう。

 

↓不動産売却に必要な書類や費用↓

不動産売却の必要書類は?必要経費や手数料を併せて検証