はじめて不動産売却をする人の支援サイト

不動産売却の必要書類は?必要経費や手数料も併せて検証

 

不動産を売却する時、お客様が用意しておいたほうが良い書類や、覚えておいた方がいい経費があります。

書類については予め用意しておくことでスムーズに不動産売却を進めることが出来ます。

また、売却時にかかる経費を覚えておくことで、実際の販売価格の設定の時にも役に立つでしょう。

これから、最低限必要な書類や経費を記載しますので、覚えておきましょう。

 

不動産売却で用意しておく必要書類

不動産会社に相談して訪問査定をしてもらう時に持っておいた方が良い書類というものがあります。

必ずではないですが用意出来れば用意してほしい。

 

  1. 登記簿謄本
  2. 境界確認書 (土地測量図面)
  3. 管理規約書
  4. マンションの場合は管理組合総会議事録または使用細則など
  5. 建築設計図面書・工事記録書等

 

媒介契約時に必要な書類

 

  1. 身分証明書(免許証など)本人確認
  2. 物件概要書 物件の概要を確認
  3. 建築確認済証及び検査済証
  4. 固定資産税の納税通知書か評価証明書

 

売買契約時に必要な書類

  1. 実印
  2. 印鑑証明(三ヶ月以内のもの)
  3. 住民票 現住所と違う場合必要
  4. 印紙代
  5. 手付金領収書
  6. 権利証 OR 登記識別情報通知書(本人確認のため)
  7. ローン残高証明書
  8. 抵当権抹消書類

 

以上の事は用意して置くことで、スムーズに売却迄進める事が出来るでしょう。

 

覚えておきたい不動産売却に必要な経費は?

不動産を売るのにも多少のお金はかかります。

これぐらいはかかるよっていうのがありますので、このかかる経費も考えて、販売金額も設定するのもいいでしょう。

正直にいうと物件によってかかる経費も微妙に変わってきます。

売却にかかる費用の項目だけ覚えておきましょう。

詳しい金額については、媒介を依頼する不動産会社に確認して下さい。

仲介手数料

不動産会社に払う手数料になります。

主に下記の手数料がかかります。

売買契約金 手数料
200万円以下 5%
200円以上400万円以下 4% + 2万円
400万円以上 3% + 6万円

基本的には、家族で住んでいるご自宅は400万円以下の物件は少ないので、

3%+6万円

がかかると思っておけばいいでしょう。

例)

1000万円の物件だった場合、

1000 × 3% = 30万円

30万円 + 6万円 = 36万円

支払いのタイミングですが、主に決済の時に支払われます。

 

印紙代

不動産売買契約書に必要です。

売買金額によって変わってきます。

軽減税率は不動産売買契約書(売買契約金10万円以上)、建設工事請負契約書(契約金100万円以上)で、2014年4月1日から2018年3月31日までの間に作成されるものになります。

 

売買契約の価格 本則税率 軽減税率
1千万円以上 5千万円以下
20,000円 10,000円
5千万円以上1億円以下
60,000円 30,000円
1億円以上 5億円以下
100,000円 60,000円
5億円以上 10億円以下
200,000円 160,000円
10億円以上 50億円以下
400,000円 320,000円
50億円以上 600,000円 480,000円

 

所得税/住民税

 

売却した時に譲渡益が出た場合は税金がかかってきます。

所得してからの所持していた期間にもよって税金が変わってきます。

 

短期譲渡(5年以内の譲渡)
所得税30.63%
住民税9% 合計39.63%

 

長期譲渡(5年以上の譲渡)
所得税15.315%
住民税5%
合計20.315%

 

※自分が住んでいた家の売却の場合で、譲渡益が出た場合は3,000万円以下の部分については税金がかからないですという『3,000万円特別控除の特例』っていう控除もあります。

詳しくは、『不動産売却の税金|節税したいあなたが適用できる税金控除は?』で確認してください。

 

土地家屋調査費用

 

これは、土地の案件で、形状などによっては測量をしたり、調査をしなければならない場合がある。

これは土地の大きさや形状によっても変わってくる。

相談する不動産に直接聞いて欲しい。

少なくとも10万円以上はかかる事は覚悟しておいて欲しい。

 

司法書士費用

不動産を登記するときにかかる費用。

こちらも司法書士によっても変わってくるので、予め確認しておこう。 

 

不動産移転登記
平均4万円~10万円
抵当権抹消費用
平均3万円~9万円

 

手付金

 

これは諸経費という概念ではなく、売買契約の時に、売買金額として充当されるため、諸経費には含まれませんが、売買契約を結ぶと時に必ず必要になる金額です。

手付金の額は、売主様と買主様の合意によって結ぶのですが、基本的には売買代金額の10~20%程度になります。最低の%はで5%になります。

ちなみに売買契約を結んだ後に、やっぱり契約を解除したい!って思った場合、買主様は、この手付け金を放棄することで、売買契約を解除することも出来ます。

逆に売主様は、頂いた手付金の倍を買主様に支払うことで、解除が出来ます。

 

引越費用

 

引越し費用は住替えや、ご自宅を売却したお客様にかかってきます。

引っ越しは伴引越人数や荷物の量で変わってくるので、要確認。

2人~3人

7万円~15万円

引越し一括見積もりというのもあるので使ってみるのもありでしょう。

皆さんがしっかり売却出来るように祈っております。

 

↓売却した後にかかる税金や、適用できる税金控除↓

不動産売却の税金|節税したいあなたが適用できる税金控除は?