問題解決をして納得できる不動産売却へと導く プロカウンセラー

分かりやすい!理解できる!個人の短期譲渡所得の税額計算表

不動産無料査定クリック画面

 

不動産を売却した時に、その不動産の所有期間が購入してから5年以内に、

売却をした場合、税金がめっちゃ高くなります。

理由としては、昔バブルと言われていた時代に土地を購入しては、

その後、すぐに高く売るといったいわば『土地転がし』と言われるようなことが

はやり問題にもなりました。

不動産の土地の価格が一気に上がってしまう要因にもなり、これではだめだよねって

ことで、5年以内の売却については下記のような税金額となりました。

 

課税短期譲渡所得金額に対する税率 所得税 住民税 合計
30.63% 9% 39.63%

注意1!

住民税の9%の内訳は道府県民税が3.6%で市町村税が5.4%の計算になります。

注意2!

平成25年~25年間は基準の所得税に2.1%の復興特別所得税が上乗せされています。

 

短期譲渡所得でも税金の軽減を受けれる?!

個人の短期譲渡所得の税額計算イメージ

短期譲渡所得といっても次に当てはまる場合は税金が軽減されます!!

しかし、、、あまり一般的ではありません。。。

『譲渡』の意味は「売買」「贈与」「交換」も含むのですが、

ここは分かりやすい表現として譲渡→売却と表現します。

 

軽減を受けれる売却(譲渡)

  1. 国や地方公共団体などへの売却(譲渡)
  2. 独立行政法人都市再生機構などへの売却で一定の条件のもの
  3. 収用交換などに夜売却(譲渡)

軽減された税金額

課税短期譲渡所得金額に対する税率 所得税 住民税 合計
15.315% 5% 20.315%

注意1!

住民税の5%の内訳は道府県民税が、2%で市町村税が3%の計算になります。

注意2!

平成25年~25年間は基準の所得税に2.1%の復興特別所得税が上乗せされています。

 

以上が、短期譲渡所得のご説明になります。

 

長期譲渡所得に比べて、かなり高いですよね。。

もし自分の家が、例えば離婚や転勤で早く売却をしなくては行けないとなった時、

この短期譲渡のことは、覚えておいたほうがいいでしょう。


関連記事

  1. 分かりやすい!特定の交換分合により土地等 を取得した場合の特例
  2. 誰でも分かる!理解出来る!個人の長期譲渡所得の課税計算表
  3. 誰でも分かる!理解しやすい!住宅ローン控除の全て