問題解決をして納得できる不動産売却へと導くプロカウンセラー

分かりやすい!理解できる!特定の交換分合により土地等を取得した場合の特例

 

ざっくり言いますと、

自分の土地などについて農業振興地域の整備に関する法律や、

集落地域設備法や農住組合法のルールによる交換分合によって土地などを譲渡して、

かつ、これらの交換分合により土地などを取得した場合などは、

これらの交換分合による土地などの譲渡はなかったものとして取り扱うよっていう特例です。

 

ちなみに、これらの土地分合によって土地などと一緒に清算金を取得した場合は、その譲渡した土地などのうち、清算金の金額に対応すると部分についてだけ譲渡所得として課税されます。

 

(注意)

法人の場合についても同様の特例(圧縮記帳による課税の繰り延べ)があったりします。

 

 

そんなに使われる特約ではないと思いますが、一応覚えておきましょう。

 

 


関連記事

  1. 分かりやすい!理解できる!個人の短期譲渡所得の税額計算表
  2. 誰でも分かる!理解出来る!個人の長期譲渡所得の課税計算表
  3. 誰でも分かる!理解しやすい!住宅ローン控除の全て