はじめて不動産売却をする人の支援サイト

分かりやすい!認定事業用地適正化計画の事業用地の区域内にある土地等の交換等の場合の課税の特例(廃止)

↓査定価格をすぐに知りたい方はこちら↓      

 

今回ご紹介する特例は平成25年3月31日をもって廃止されたようですが、一応こんな課税特例があったことは覚えておきましょう。

どんな特例なの!?

都市部のほとんど使ってない土地や、死角などのデッドゾーンなどの、いわゆる虫食い状態にある低未利用地について、土地の交換などを通じて集約化を促進しましょう!そして民間都市開発事業による再開発を税制面から支援しますっていう制度です。

具体的には、地主様が所有する開発予定地(認定事業用地)の区域内にある土地と開発業者の所有する代替地(認定事業用地の区域外にある土地建物等)とを交換した場合には、その交換によって得た譲渡所得については、課税の繰延ベを認めましょう!というものです。

※平成23年度の改正により適用期限が平成25年3月31日まで延長されて、課税の繰延ベ割合が100%から80%に引き下げられましたが、適用期限がきた段階で、廃止されました。

(借法37の9の2)

 

そして、不動産取得税については、平成23年3月31日までに交換などによって取得した事業用地の区域外にある土地の課税標準を計算する場合は、その土地の価格の10分の1相当の金額を控除する特例ができました。

 

しかし、こちらも平成23年度の改正により廃止されました(地法附11旧⑥)

 

 

みなさんも知識として覚えておきましょう。

    ↑査定価格をすぐに知りたい方はこちら↑

関連記事

  1. 不動産売却の注意点|査定価格から売却後の税金まで!状況別にわかりやすく解説
  2. 不動産売却で消費税が課税される4つのこと|課税売上高1,000万円以上の売主は物件売却時に消費税が課税される!
  3. 分かりやすい!大規模な住宅地等造成事業の施工地区内にある土地等の造成のための交換等の場合の特例とは?
  4. 分かりやすい!特定の交換分合により土地等を取得した場合の特例
  5. 分かりやすい!特定の交換分合により土地等 を取得した場合の特例
  6. 分かりやすい!既成市街地等内にある土地などの中高層耐火建築物などの建築のための買換えの特例
  7. 分かりやすい!個人の短期譲渡所得の税額計算表
  8. 分かりやすい!個人の長期譲渡所得の課税計算表
  9. 分かりやすい!住宅ローン控除の全て
  10. 分かりやすい!3,000万円特別控除とは?